• 薬剤師転職サイト.net

転職マニュアル カテゴリ一覧

製薬会社に転職するために必要なスキル

1・製薬会社で働く薬剤師の仕事内容 薬剤師としての知識や技術のレベルアップを考えて製薬会社へ転職することを希望する薬剤師は少なくありません。 製薬会社で働く薬剤師の仕事にはどのようなものがあるでしょうか。 やはり新薬の研究開発というイメージがまずあります。 薬剤師であれば誰もが一度は憧れた業種かもしれません。 しかし新薬開発などにはかなりの時間をかけて研究しな...


30代薬剤師の転職事情。年収アップも期待できるが注意したい事も

1・30代の薬剤師の転職事情 薬剤師として働き数年が経ち、30代を迎えると転職を考える薬剤師も増えてきます。 基本的にどの年齢層でも転職が可能な薬剤師業界ではありますが、30代では未経験であったとしてもどの職場でも転職できるのが強みとなります。 調剤薬局、ドラッグストア、病院、企業など転職先は豊富にあります。 またある程度のキャリアを積んでからの転職であれば、年収を...


薬剤師40代での転職の落とし穴。どこに注意すればいい?!

1・40代の転職事情について 一般の会社員であれば、40代になってからの転職はかなり難しいのが現実です。 しかし薬剤師の場合、売り手市場の状況が継続していることもあり、40代であっても転職することは可能です。 ある調査結果によると、40代前半の薬剤師は平均年収約530万円、後半では約600万円という水準です。 働き盛りの40代、そして薬剤師としての経験や知識も豊富な...


ブランクを乗り越えて再就職するためにママ薬剤師が準備しておきたい事

1・ブランクがあっても再就職に問題なし 日本で薬剤師として活躍している方々の約7割は女性薬剤師です。 そのため30代前後で結婚や出産などライフパターンが変化することで、休職・離職することも多く見受けられます。 生活が一段落し、子供が大きくなったら復職したいと考えているものの、薬学の現場から長い期間離れていると、そのブランクが復職を躊躇させてしまうこともあります。 し...


薬剤師がパート勤務に転職した時の6つのメリットと3つのデメリット

1・パート薬剤師の6つのメリットとは 調剤薬局やドラッグストアでは正社員だけではなくパート薬剤師として働く勤務形態もあります。 どんなメリットがあるでしょうか。 1つ目に求人数の多さにあります。 調剤薬局やドラッグストアは薬剤師求人が多くあります。 特に混雑する時間や曜日にはピンポイントで働けるため、雇用者からも重宝されます。 2つ目はある程度の融通を利...


人間関係で失敗したくない人必見!薬剤師の紹介予定派遣の特徴

1・紹介予定派遣として働くメリット 薬剤師の「紹介予定派遣」という雇用形態をご存じでしょうか。 派遣会社に登録している薬剤師が派遣先を紹介され、一定期間を派遣先で働くことになります。 一定期間終了後に薬剤師と派遣先の両者が合意するならば、派遣先と直接雇用関係を結ぶことになります。 一言で言えば「試用期間」ということです。 紹介予定派遣制度を利用することで人間関...


薬剤師専門転職サイトの良いエージェントの見分け方

1・転職サイトを利用する転職 薬剤師が転職を考える場合に、様々な方法で転職先を選ぶことできます。 転職情報誌や知人の紹介、ハローワークを利用する薬剤師も少なくありません。 しかし断トツで多いのはインターネット上にある薬剤師専用転職サイトを利用する方法です。 なぜでしょうか。 1番の理由は情報量にあります。 転職サイトには自分が住む地域は勿論、全国各地の求...


未経験ジャンルへの薬剤師転職の不安を解消!失敗しない仕事選び

1・未経験ジャンルへの転職時の注意点 薬剤師という資格は1つであっても、その資格を活用してする職場には薬局、病院、企業、介護施設など多岐に渡ります。 職場が違えば、もちろん仕事内容も同じではありません。 キャリアアップを考える薬剤師の多くは同じ職場、もしくは同業種にとどまるのではなく幾つかの職場を可能であれば異業種への転職をしたいと考えています。 そうすることで多く...


漢方薬剤師に転職するための具体的な方法

1・漢方とは? 最近は、単に医師からの処方箋を調剤して服薬指導してくれるだけの薬局ではなく、自分の健康について、病気の予防についてなどを気軽に相談することができる調剤薬局の必要が注目されています。 そんな調剤薬局で勤めるために役立つのが、漢方薬に関わる知識です。 大学の医学部や薬学部の授業でも漢方に関わる講義が必須になり、全国の病院でも漢方診療科が新設され、ここ数年の間に...


薬剤師の資格が活かせる動物に関わる仕事4選

1・薬剤師として動物に関わる4つの仕事 ここ数年、日本は空前のペットブームを迎えています。 内閣府の行った調査結果によると、犬や猫などを飼育している家庭は約4割にまでのぼります。 動物も人間同様に生き物ですので、時には風邪を引いたり怪我をしたりするため治療や薬が必要になります。 ペットも家族の一員という考え方が強く、病気をしたときには人間と同じように専門的な医療を受...


手厚い福利厚生が期待できる薬剤師のdiコールセンターの仕事は転職に人気

1・コールセンターで働く薬剤師 薬剤師が働く職場には病院、薬局、ドラッグストアなどがありますが、コールセンターでも薬剤師が必要とされていることをご存じでしょうか。 特に製薬会社などではdi業務と言われるポジションになります。 di業務には一般消費者はもちろん、医療従事者や社内スタッフなどから自社が販売する医薬品に関わる問い合わせがある場合に、医薬品情報管理・学術業務担当者...


薬剤師の資格も活かせる在宅ワークってどんなの?

1・薬剤師ができる在宅ワークとは 最近、注目を集めている勤務形態に在宅ワークがあります。 決められた職場に出勤するのではなく、在宅でつまり自宅で決められている仕事を行うというスタイルです。 薬剤師であれば毎日病院や薬局へ出勤して調剤業務や服薬指導などをするのではなく、薬剤師としての資格や知識、経験を十分に活用して自宅で仕事をすることができます。 厚生労働省が定めたガ...


女性薬剤師の転職先として人気の化粧品メーカーで働くために必要なスキル

1・化粧品メーカーで働く薬剤師の業務内容 薬剤師が活躍できる職場は病院や調剤薬局だけにはとどまりません。 最近では化粧品メーカーへ転職するケースが増加傾向にあり、注目を集めています。 化粧品と薬とは直接的に関係が無いように思いますが、肌に触れる商品であるため薬事法などと関係することがあります。 具体的にはどのような業務内容でしょうか。 新商品の企画・開発のプロ...


薬剤師が転職できる研究職・研究関連の職種につく方法

1・研究職に転職するための方法 新薬の研究開発に関わることを夢見て薬剤師を目指した人もきっといるはずです。 しかし実際に研究職に携わることができる薬剤師はほんの一部に過ぎません。 では研究職への転職を成功させるためには何が必要でしょうか。 製薬会社などの研究職に就くためには、ある程度の成果や実績が求められます。 未経験者が転職することはまず不可能な分野といえま...


勤務時間を短くして生活を充実させたい薬剤師が選ぶべき転職先を検証

1・薬剤師の勤務時間の実態 基本的な勤務時間は会社員などと同様に朝8時30分から夕方5時30分までの8時間勤務になります。 そして週5日勤務で40時間も一つの規準になります。 この時間数を超えた場合は残業時間となります。 厚生労働省による調査では、薬剤師として働く場合の月間労働時間の平均は160時間です。 月20日勤務であれば1日8時間で、残業時間はないことに...